2020年2月11日火曜日

2020年度診療報酬改定 経管投与支援料

ポイント
・医師への最新のデータに基づいた薬剤選択の提案
・家族・介助者等に対する簡易懸濁法の説明・指導

2020年度診療報酬改定において、経管薬剤投与が行われている患者に対し簡易懸濁法を開始するに当たり、医師の求めなどに応じて、薬局が必要な支援を行った場合に100点(初回のみ)が算定できる「経管投薬支援料」が新設されました。

経管投薬支援料は「簡易懸濁法」による服薬方法を患者やその家族、介助者にレクチャーしたときの手間賃のようなものです。また、経管投与に適した薬剤の選択、配合変化の回避などのリスクマネジメント費用も含まれていると考えてよさそうです。

(新) 経管投薬支援料 100点

[算定要件]
胃瘻若しくは腸瘻による経管投薬又は経鼻経管投薬を行っている患者若しくはその家族等から求めがあった場合であって、処方医に了解を得たとき又は保険医療機関の求めがあった場合に、患者の同意を得た上で、簡易懸濁法による薬剤の服用に関して必要な支援を行った場合に初回に限り算定する。



そもそも簡易懸濁法とは

簡易懸濁法は錠剤をつぶしたりカプセルを開封したりしないで、投与時に錠剤・カプセル剤をそのまま水(55℃の微温湯)に入れて崩壊・懸濁させる方法です。「つぶし」の処方であってもそのまま水に入れて崩壊させます。
懸濁容器に直接カテーテルチップシリンジを接続して薬液を吸い取り、経管投与します。粉砕したりチューブのつまりを気にすることも減るので介護する人にはメリットが大きい投与法です。

エムアイケミカル けんだくん(茶)未滅菌 3691-00(10コイリ)
売り上げランキング: 324,213



簡易懸濁法の情報

すべての薬剤が簡易懸濁が何も問題なくできるかというと、そういうわけには行きません。徐放性薬剤や添加物の影響でうまく懸濁できないものやチューブを通過できないものも存在します。簡易懸濁法を行うためには、各薬品が水に崩壊するか否か、薬品の物性により投与時に問題が生じないかなどの情報が不可欠です。そのような薬剤の特徴を最新の情報にアップデートし、医師へ情報共有する役目が薬のプロである薬剤師に期待されています。

簡易懸濁の適否については、各製薬メーカーのホームページで公表されていたり、インタビューフォームに記載されていたりします。8Fr.のチューブの通過性を持って可否を決定されているものが多いです。
しかし、昨年出された『医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドライン』により簡易懸濁法は承認外の投与法であり製薬メーカーからの積極的な情報提供はできなくなりました。なかなか情報が得にくくなっています。
一番いいのはまずは自分の目で実際に実験を行い確かめてみることです。次に成書となっている情報にあたりましょう。

内服薬 経管投与ハンドブック 第3版
じほう
売り上げランキング: 192,334