2020年2月11日火曜日

2020年度診療報酬改定 特定薬剤管理指導加算2【薬剤服用歴管理指導料】

ポイント
・レジメン通りに患者が服薬できているか電話等で確認すること。
・対象患者は注射のレジメンで治療されていること。
・連携充実加算を届出ている医療機関の患者であること。

2020年度診療報酬改定において、外来化学療法に関する薬局と医療機関の連携強化を図り、がん患者に対するより質の高い医療を提供する観点から、薬局が患者のレジメン等を把握した上で必要な服薬指導を行い、次回の診療時までの患者の状況を確認し、その結果を医療機関に情報提供した場合について行う新たな評価として特定薬剤管理指導加算2を新設しました。

特定薬剤管理指導加算2は医科の「外来化学療法加算」の施設基準に薬局との連携体制が盛り込まれ「連携充実加算」が新設されることとセットで考えておかなくてはいけません。

特定薬剤管理指導加算2が新設された背景には、優れた抗がん剤や制吐剤等の登場などにより「化学療法を外来で受けられる環境の整備」が進み、また「治療と仕事の両立ニーズ」が増加している点があります。「患者のニーズに応じて、より積極的に外来での化学療法実施を選択できる」体制の受け皿としての薬局の役割が期待されています。主ながん種の平均在院日数は短くなり、外来患者数は今後増えていきます。通院で治療を受けながら治療の副作用や症状等をコントロールしつつ、仕事を続けている場合が増えてくるでしょう。
「より質の高い外来化学療法」の実施に向けて、医療機関から薬局へのレジメン情報等提供、薬局から医療機関への副作用情報等提供などといった、医療機関と薬局との連携を強化する必要があるのです。

2019年11月22日中医協総会(第435回)「外来医療(その2)について」

2019年11月22日中医協総会(第435回)「外来医療(その2)について」

2019年11月22日中医協総会(第435回)「外来医療(その2)について」


2019年11月22日中医協総会(第435回)「外来医療(その2)について」


【薬剤服用歴管理指導料】
(新)  特定薬剤管理指導加算2 100点(月1回まで)

[対象患者]
保険医療機関(連携充実加算を届出ている場合に限る)において、抗悪性腫瘍剤が注射されている悪性腫瘍の患者であって、化学療法のレジメン(治療内容)等について、文書により交付されているもの。

[算定要件]
(1)保険医療機関で、抗悪性腫瘍剤を注射された患者について、当該患者の治療内容等を文書により確認し、必要な薬学的管理及び指導を行った場合であって、当該患者の同意を得た上で、調剤後の抗悪性腫瘍剤の服用に関し、電話等により服用状況、副作用の有無等について患者に確認し、当該保険医療機関に必要な情報を文書等により提供した場合には、特定薬剤管理指導加算2として、月1回に限り100点を所定点数に加算する。
(2)当該加算における薬学的管理及び指導を行おうとする保険薬剤師は、原則として、保険医療機関のホームページ等でレジメン(治療内容)を閲覧し、あらかじめ薬学的管理等に必要な情報を把握すること。

[施設基準]
特定薬剤管理指導加算2に規定する施設基準
(1)保険薬剤師としての勤務経験を5年以上有する薬剤師が勤務していること。
(2)患者との会話のやりとりが他の患者に聞こえないようパーテーション等で区切られた独立したカウンターを有するなど、患者のプライバシーに配慮していること。
(3)麻薬及び向精神薬取締法(昭和28年法律第14号)第3条の規定による麻薬小売業者の免許を取得し、必要な指導を行うことができる体制が整備されていること。
(4)保険医療機関が実施する抗悪性腫瘍剤の化学療法に係る研修会に当該保険薬局に勤務する薬剤師の少なくとも1名が年1回以上参加していること。

[経過措置]
令和2年9月30日までの間は、上記(4)の規定の基準を満たしているものとする。